即日審査ができるカードローンはこちら!

キャッシングやカードローンで最も気をつけたいブラックリストの存在について

キャッシングやカードローンはやはり借金という言葉から怖いイメージを抱いているかたも少なくないでしょう。キャッシングやカードローンに関してはその他にも審査時の条件などが厳しいのではという不安を抱くかたもいますが、その時に気になるのがブラックリストの存在です。キャッシング方面だけではなく色々な比喩としてブラックリストは用いられる言葉となっていますが、実は厳密に言うと現物のブラックリストというものは存在していないのはあまり知られてません。今回はキャッシングやカードローンに関するブラックリストの存在と具体的な内容について説明してきます。

目次

【ブラックリストの正体】 キャッシングやカードローンは色々な方が利用しているのですが、良いイメージも悪いイメージも両方あるのが特徴でしょう。特に返済や遅延に関する厳しさという点は怖いというイメージがありますが、その他としてはブラックリストという言葉から借金が怖いというイメージを持っていることも多いのでしょう。このブラックリストはキャッシングだけではなく色々な方面で利用されている言葉となっていますが、実際に借入をする際にこのブラックリストに入っていると審査を断られてしまうという風に捉えられています。大まかに言ってしまうとそれは正解なのですが、しかし現物としてブラックリストなる台帳が存在するのではありません。キャッシングやカードローンの審査に関しては主に本人の年収、職業、そして信用情報の項目が重要になるのですが、この信用情報の部分にブラックリストの内容が関わってきます。

【審査に大事な信用情報について】 この信用情報という言葉は大まかに理解はできますが、具体的な項目などを聞かれるとちょっと悩んでしまう方も多いでしょう。信用情報に関する項目としては本人の属性、キャッシングやクレジットカードの使用状況、契約状況、借入や返済の取引情報などがあり、これを管理しているのが信用情報機関というものです。これらの信用情報はキャッシングやクレジットカードなどを利用すると信用情報機関により記録することが義務付けられており、これらの情報を元にして各社のキャッシングやローンの審査の判断材料とすることになっています。信用情報機関には3つあり、日本信用情報機構、シーアイシー、全国銀行個人信用情報センターがそれぞれ信用情報を収集、あるいは共有をして管理をしています。

キャッシングやクレジットカードなどの金融系のサービスでは、これらの信用情報機関と提携することになっており、信用情報に基づいて新規の申込みなどの判断をします。これら信用情報機関での信用情報には、その内容に応じてホワイトリストやブラックリストという扱いがあります。この二種類には現物の台帳などは存在しませんが、慣用句的に金融事故などを起こした経歴が信用情報に載ることをブラックリスト入りすると言われています。逆にホワイトリストは全くの金融事故などが無い状態を指すのですが、やはり審査でマイナスになってしまうブラックリストの方が圧倒的に注意が必要となります。

【ブラックリスト入りする内容や条件について】 このように信用情報において金融事故などを起こしてしまうとブラックリスト入りをしてしまうのですが、この内容や条件はしっかりと覚えておいて対策をしておくのが望ましいでしょう。恐らく最もブラックリスト入りしやすいものとしては、各種料金などの延納や支払い忘れがあります。公共料金から携帯電話など身近な支払いが多いために、うっかり忘れてしまうと信用情報に傷が付いてしまうので注意しましょう。またそれ以外にもブラックリスト入りしてしまう条件には債務整理があります。債務整理は最近良くCMで流れている過払い金請求から、任意整理、自己破産などがありこれらは5年から最大で10年まで信用情報として残ってしまうので、これらの手続きをする際には新規のキャッシングやローンが利用できない可能性があるのは知っておきましょう。また意外に知られていないものとしては申込みブラックというものがあり、これは1ヶ月に多くの新規キャッシングやカードローンの申込みをしてしまうと、返済能力として疑問を持たれてしまいブラックリストに入ってしまうことがあります。この申込みブラックの記録は6ヶ月と短い保持となっていますが、お金の借入で急いでいる時になってしまうと身動きが取れなくなってしまうので、1ヶ月の新規申込みは2件ほどに留めておくと良いそうです。

まとめ

キャッシングやカードローンのブラックリストというものは、現物として存在するものではありません。金融事故などの情報が信用情報機関に登録され、これが一般的にブラックリスト入りするという風に言われているのです。ブラックリスト入りする条件としては、各種支払い忘れや延納、債務整理などがありこれは5年以上も情報が保持されるので注意しましょう。また月に何度も新規キャッシングの申込みをすると、申込みブラックというものにもなってしまいます。ブラックリスト入りすると新規のキャッシングやローンの審査でほぼ落とされてしまうので、対策ができるならばしておくのが望ましいです。

関連記事

家族に知られないようにカードローンを利用するにはどうしたら良い?

未分類

お金を借りる最も簡単な方法はカードローンを利用することですが、ただカードローンを申込む人の中には、何らかの事情でどうしても家族には内緒にしておきたいという人が少なくありません。家族に知られる典型的な例は消費者金融から送られてくるローンカードや契約書類、利用明細書などです。 現在は貸金業...記事を読む

このページの先頭へ